2021年3月1日~手提げ袋が有料になりました



薩摩乃薫 25° 900ml -芋焼酎-

田村合名

通常価格 ¥1,111

税込 配送料は購入手続き時に計算されます。

薩摩乃薫(さつまのかおり) 25° 900ml -芋焼酎/白麹-

田村合名看板酒「薩摩の薫」は、創業当時(明治30年)から造り続けている銘柄で、地元の漁師のマストアイテムとなる焼酎です。
一次仕込は甕仕込、白麹に黄金千貫をあわせて風味を引き出し口の中で絡む甘みの余韻を楽しめます。
芋の香りがしっかり感じられ、旨味とキレのバランスのすばらしさを堪能できる銘酒です。

食後や就寝前のゆっくりとした時間にお楽しみください。
コクの際立つ飲み口で、お湯割りの相性が良く、湯気の香り立つ芋の素朴な甘みに官能されます。
燗ざましになっても、その旨味を損なうことなく返ってまた薩摩の薫の違った一面を楽しませてくれます。

■原料について
さつま芋畑は開聞岳を望む山川徳光地区にあります。
江戸の後期に沖縄に中国の唐の時代に沖縄が貿易の中で渡ってきた芋(カライモ:唐芋)を山川の徳光(とっこう)に植え栽培したのが薩摩芋の始まりです。
摩芋伝来の地である、徳光を含む山川において100年からの歴史を持つ田村合名では、徳光の6農家と専属契約し原料であるサツマイモを仕入れております。
徳光で作られた黄金千貫を主原料として焼酎を仕込んでいます。
当時、徳光では米造りの田んぼに適さない火山灰の土地で台風も多く農民は困窮していましたが、強風に強く土壌を選ばない唐芋の伝来によりその後起こる飢饉を幾度となく乗り越える事となります。
やがて全国に唐芋が広まり、サツマイモと呼ばれました。

薩摩乃薫(さつまのかおり) 25° 900ml -芋焼酎/白麹-

鹿児島の焼酎専門店【焼酎維新館】


ポイント
×