2019年10月1日より、焼酎維新館がリニューアルしました!!



大金の露(おおかねのつゆ) 25° 1800ml

新平酒造

通常価格 ¥2,090

税込み。 配送料は購入手続き時に計算されます。

名前の由来                                                 「金」は、貨幣や金属の意味が一般的ですが、深く掘り下げると「美しいものの形容」「貴重なものの形容」であり、五行の一つでもあります。五行とは、宇宙の万有を創っている元とした「木、火、土、金、水」の五つの元素を言い、金は季節では「秋」、五常(仁・義・礼・智・信)では「義」にあたります。「大金の露」は、最高の味わいを日常酒として飲んでいただきたいという思いから、素材にも、造りにも最高級の品質を守り抜き、まさに芋の収穫期である「秋」に仕込まれ、地域の人々の「義」に応える「美しくも貴重なる逸品」を目指した本格芋焼酎です。
天と地の恵みとも言える原料を使い、それを美しく、貴重なものに磨き込み、それを杯へと注ぎ込む。決して手を抜かず、気を抜かず、芋焼酎の新たなる金字塔を築くことを目指した「大金の露」。焼酎通をもうならせるその至福の味わいを、あなたの舌でぜひお確かめください。

特徴                                                     ゆったりとした時間が流れる大崎の清らかな水と空気が育んださつま芋を、じっくりとかめ壷で仕込みました。かめ壷の微細な穴に棲む酒の精が、香味成分をぐんと深く華やかなものにしてくれます。スワンネックのポットスチルから生まれる濃厚な香味を、なめらかでマイルドな味わいへ熟成させた本格芋焼酎。味わいの頂点が、ここに生まれました。

ラベルについて                                               新平酒造の象徴であるロゴマークを「金」の箔押しで大きく表示したラベルにまずは目を奪われることでしょう。ロゴマークは、杯と滴をモチーフにデザインしてありますが、見方によっては人が杯を持っているようにも、あるいは二人の人間が向き合っているようにも、または瞳にも見えるなど、見る人の視点によってイメージが膨らむデザインとなっています。どう見えるかは、飲まれる方の自由。ただ飲むほどに、味わい深く見えてくるから不思議です。和紙の風合いのある白い紙に、金の箔が輝く何とも贅沢な仕上がり。ボトルがテーブルに置かれるだけで華やかな雰囲気を醸し出してくれることと思います。
いつの日か焼酎街道の王道となることを願って、素材に、味に、香りに、品質に磨きをかけた芋焼酎「大金の露」。ボトルに巻かれたそのラベルが、チャンピオンベルトのように見えてくる日が来るかもしれません。

(新平酒造HPより)

 




ポイント
×