商品名、蔵元名、原料名を入力して下さい。。 ※当店の表示価格は全て税込表示となっております。

お問い合わせ

カテゴリー
焼酎
お中元コーナー
維新館 期間限定セット
明治維新150周年
季節限定焼酎
数量限定商材
鹿児島限定販売焼酎
芋焼酎
麦焼酎
黒糖焼酎
紫芋焼酎
焼き芋焼酎
紅芋焼酎
白豊芋
安納芋
ジョイホワイト
木樽蒸留
THE-SATSUMA!
ラムコーク黒糖焼酎版
ブラジル+奄美カクテル
ゴールドメダル受賞記念
田中一村 生誕110年
宇宙焼酎
なまずVSうなぎ
蔵の師魂
奄美黒糖焼酎の日
侍士・桐野
酒造で選ぶ
朝日酒造
奄美大島開運酒造
奄美大島酒造
奄美大島にしかわ酒造
奄美酒類
出水酒造
岩川醸造
植園酒造
宇都酒造
大石酒造
太久保酒造
大山酒造
大山甚七商店
オガタマ酒造
沖永良部酒造
鹿児島酒造
神酒造
喜界島酒造
上妻酒造
小牧醸造
小正醸造
相良酒造
佐多宗二商店
薩摩金山蔵
さつま司酒造
さつま無双
佐藤酒造
軸屋酒造
白金酒造
白玉醸造
新平酒造
大海酒造
高崎酒造
田崎酒造
種子島酒造
田村合名
知覧醸造
富田酒造場
中俣合名
中村酒造場
西平本家
西平酒造
原口酒造
東酒造
日當山醸造
吹上焼酎
町田酒造
松崎酒造
丸西酒造
八千代伝酒造
山元酒造
弥生焼酎醸造所
四元酒造
若潮酒造
食品
梅酒・リキュール類
ギフト商品
水(海洋深層水-温泉水)



ご注意

・お酒は20歳になってから。

・飲酒は適量を。

・飲酒運転は法律で禁止されています。

・未成年者の飲酒は法律で禁止されています。

・妊娠中や授乳期の飲酒はお控えください。

・ご入金や当店からのお知らせ等、2週間以上お客様と連絡が取れない場合は自動的にご注文をキャンセルさせて頂きますので、予めご了承下さい。

・包装・梱包につきまして
芋焼酎(いもしょうちゅう)
カンショ(サツマイモ)を主原料とした焼酎。
原料特性・原産地特性をあわせ持つ伝統的な本格焼酎の代表格。
芋焼酎

  整列 : 最低価順 最高価順 新商品順 商品名順  
商品比較

【販売店限定】古酒 源流カメ仕込み 侍士の門(さむらいのもん) 25° 720ml -芋焼酎-
薩摩(いも)の皇帝
販売価格 3,240円
【販売店限定】旧酎 源流カメ仕込み 侍士の門(さむらいのもん) 25° 720ml -芋焼酎-
薩摩(いも)の皇帝
販売価格 2,246円
【販売店限定】薩摩 桐野(きりの) 25° 720ml -芋焼酎-
添え麹によって熟成度がより深くまる。ふくよかな旨さを十分に残した濃い目の味
販売価格 1,637円

【販売店限定】薩摩 桐野(きりの) 25° 1800ml -芋焼酎-
添え麹によって熟成度がより深くまる。ふくよかな旨さを十分に残した濃い目の味
販売価格 2,911円
【販売店限定】旧酎 源流カメ仕込み 侍士の門(さむらいのもん) 25° 1800ml -芋焼酎-
薩摩(いも)の皇帝
販売価格 3,877円
黒さつま・白さつまセット 900ml -芋焼酎-
佐藤酒造の代表銘柄セット!
販売価格 2,396円

[売切れ]御中元用 いったいさん 25° 720m l夏焼酎 ひめあやか 20° 720ml
こちらは、下記商品の組合せページになります。
販売価格 2,737円
[売切れ]【数量限定】THE ISHIGURA(いしぐら) 30° 720ml -芋焼酎-
清酒の様な吟醸香を感じる事が出来る、上品な味わいの芋焼酎
販売価格 2,945円
【2,400本限定】HAYABUSA 2 リュウグウへの挑戦 25°720ml【宇宙麹使用】
約2,400本程度の生産本数となり、商品にはシリアルナンバーが入った特別な一本となります。
販売価格 2,300円

【3,000本限定】南泉 軌跡 25°720ml【宇宙麹使用】
種子島宇宙センターロケット打上げ50周年記念特別限定焼酎。
販売価格 1,700円
【鹿児島限定】西郷庵 原酒 化粧箱入り(さいごうあん げんしゅ) 36° 720ml -芋焼酎-
原酒を長期貯蔵熟成させ、まろやかな口当たりに
販売価格 5,400円
「黄金千貫・農林二号使用」さつま五代復刻版(さつまごだいふっこくばん) 25° 900ml -芋焼酎- 「25年振りにオレンジ包装紙復活!」
原料芋に黄金千貫と農林二号を使用。
販売価格 1,350円

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  [次へ]  [最後へ]
長い間南九州の地酒として定着していたが、昭和四〇年代から日本中に広がりをみせ始め今日の焼酎ブームの先駆けとなった。
カンショは穀類の3分の1のデンプン含量しかなく、水分が多くて長期の貯蔵に耐えず、酒の原料としては扱いにくい。
そのためか世界中で広く栽培されているにもかかわらず、そのままの形で酒造原料となっているのは芋焼酎だけである。

新鮮な原料の確保が何より重要で、さらには徹底した選別作業が酒質の良否を左右するため、製造場はカンショの主産地に集中し、製造時期も秋から冬の収穫時期に限定されている。
南九州の特産であるが、唯一の例外は伊豆諸島で、江戸末期、八丈島へ流された薩摩の貿易商人丹宗(たんそう)庄右衛門が伝えて以来、今日まで島酒としてつくられている。
鹿児島の芋焼酎はカンショの普及した1700年代に始まったと考えられる。
天明二(1782)年から翌年にかけて九州を旅した橘南谿(たちばななんけい)の『西遊記』(せいゆうき)には、

薩摩でつくる「酒は甚(はなはだ)下品にして飲難し。夫ゆえに此焼酎を多く用ゆる事なり。琉球芋も酒に造る。味甚美なり」とみえる。

このことは、鹿児島の温暖な気候ではうまい醸造酒がつくれず、そのため蒸留酒が発達したこと、当時すでに他国の人をして「味甚美なり」といわせるほどの芋焼酎をつくる技術があったことを示している。

製法は、コメ麹(こうじ)で一次醪(もろみ)を仕込み(八丈島ではムギ麹)、これに蒸したカンショを砕いて水とともに加え二次醪とする。
約10〜14日発酵させた後、蒸留、貯蔵する。
芋焼酎はカンショの風味とソフトな甘さに特徴がある。

古くからお湯割りで飲まれてきたが、この蒸留酒でありながら醸造酒的な飲み方のできる特性も芋焼酎ならではのものである。


  会社概要 | 利用ガイド | 利用約款 | 個人情報保護法 | 特定商取引法   トップページ 上へ
Copyright(c)2018 芋焼酎販売の焼酎維新館, All rights reserved.